スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は

昭和の日。ちょっと前までみどりの日だった気がするけど、いつの間にか昭和の日。wikiによると「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」のが趣旨らしい。

昭和60年代の生まれの人は平成生まれの人に年寄り扱いされたりするのかな。20代から80代まで幅ひろくいるのが昭和生まれで、最後の方に生まれた人は若いのにイメージ的には若くないとなってしまいそう。何だか可愛そうだ。

ある方のブログで昭和天皇崩御の記事を読んで当時を思い出した。ちょっと昭和の最後を顧みてみよう。

記憶が確かなら昭和天皇の体調が悪化してから(今と被るけど)世の中自粛ブームになった。当時はバブルの最中でイケイケな世相だったけど、イベントが地味になったりした。

年が明けて正月休みが終わった頃に天皇が崩御。確か2日間喪に服すということになった。それが丁度土日に重なって社会的な混乱は無かった。

アナウンサーが黒い衣装でTVに出ていたり、お悔やみの言葉で溢れていたりでちょっと異様な感じがした。記憶の中ではこの時期の日本には言論の自由は無かった。


この時期に都内の某所を歩いていたら、偶然に機動隊の車と機動隊員の集団に出くわした。どうも学生のデモ行進があるらしい。デモなんてTVの中でしか見たこと無かったから、不謹慎ながら興味津々で見学することにした。

機動隊とデモ隊が対峙して、学生が火炎瓶を投げて機動隊が催涙弾で応酬みたいなのをイメージしていた。

機動隊がマイクで「違法なデモを排除します!」と叫んでいた。何処にデモ隊がいるのか探したけど???だった。イメージではデモ隊は数百人くらいが旗とか持って行進しているけど、そんな人達はいない。

近くを10人くらい(もっと少なかったかも)の学生が歩き出した。これがデモ隊? 少なすぎじゃね? という感じで拍子抜けしてたら機動隊がワンサカ出てきて彼らをバラバラにして学生1人に対して機動隊員が4人くらいで囲んだ。

そこから先が超びっくり。なんと丸腰の学生を機動隊員が囲んで取り押さえて警棒でボコボコに殴りだした。刑事ドラマで刑事が犯人を取り押さえるような感じじゃなくて、起き上がれないように押さえるつける隊員と警棒で殴る隊員とが役割分担してリンチしている感じというか、まさにリンチ。

今までの人生でみた暴力シーンではNo1の衝撃。プロレスの場外乱闘の比では無かった。後遺症が残っても不思議じゃないレベル。

TVとか新聞で報道されるかと思ったら全くなし(気が付かなかっただけかもしれないけど)。デモと呼べるような規模じゃ無かったからかな。

当時は学生運動なんて皆無だったと思うけど、当時の警察は学生運動対策を経験した世代がまだまだ現役だったはず。どんな些細なデモも許さん!強い姿勢で臨まねばならん!という意識だったのかもね。


若きrthcjは、日本には深い闇がある、大人は信用できない、と強く感じた。当時と比べて日本の民主主義は醸成したのかな? そうでもないかな?



スポンサーサイト

ハナミズキ

監督:土井裕泰
出演:新垣結衣、生田斗真、向井理、薬師丸ひろ子
2010 日本

北海道に住む高校生の紗枝(新垣結衣)は東京の大学を目指している。ある日、電車の中で康平(生田斗真)と出会いお互いに惹かれていくが・・・


一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにした恋愛映画。主演の二人は18~28歳までの10年間を演じている。

こういう純愛もの好き。現実には遠距離恋愛は難しいと思うけど、物語の中ではうまくいって欲しいという願いを叶えてくれている。

恋愛の展開とは別に北海道の美しい映像も印象的。あの灯台にいってみたいし、あの電車にも乗ってみたいな~。

本編とは関係ないけど蓮佛美沙子と金井勇太は「君に届け」でも同じような役だった。これから名脇役になっていくのかな?

それにしてもガッキーかわいい、近くにいたら好きになっちゃうよね



<福島第1原発>東電の賠償上限設定を否定 枝野官房長官

毎日新聞 4月27日(水)12時54分配信
 枝野幸男官房長官は27日午前の記者会見で、福島第1原発事故の損害賠償に関し、東京電力の賠償負担に上限を設定するかについて「被害者との関係でそんなことは考えられないのではないか。『上限があるからこれ以上被害補償しません』ということはとても考えられないし、許されないことだ」と強い調子で否定的な見解を示した。


財界は国の責任で賠償しろ、金融機関は賠償に上限を設けろと言ってる。原発の賠償がどうなっているかというとこんな感じ。

qua-pi01-1.gif
--図1--

図1は1事業所あたりの原発の賠償のスキーム。事業者は1200億円分の保険(青い部分)と1200億円分の国との補償契約(黄色の部分)が義務付けられている。保険と補償契約の違いは保険は災害に起因する等の免責事由以外のカバー、補償契約は災害のカバー。これを越えた分は事業者が支払う義務がある(オレンジの部分)。戦争とか隕石みたいな事業者が対策できないものは国が保証する(緑の部分)。

経団連会長は国の措置(緑)での賠償、金融機関は上限付きで原子力損害賠償補償契約(黄色)と事業者(オレンジ)での賠償を主張しているみたい(上限とは東電の負担に上限をつけるの意味)。東電がこの時点で国の措置を主張できるわけないから財界として経団連会長が代弁してくれたし、金融機関も東電に潰れてもらっては困るから値切りの先制パンチ。

賠償金っていくらくらいになるんだろう? とても1200億円じゃあ足りないよね。黄色の1200億円分は国が払うけど、今まで電力会社が国に納めた補償料は150億円くらいらしいので基本的に国民負担だね。賠償の対象も福島第1だけじゃなさそうだし。

1事業所あたり1200億円という金額が「原発で重篤な事故なんて起きるわけないじゃん」という主張の表れという印象だなぁ。

東電の負担と国の負担の割合をどうするかは利害が対立する人達が沢山いるから、これからモメるんだろうね。

原発事故の全ての被害者への賠償は無理。例えば福島の部品工場が操業できず、部品が入ってこなくて操業できなかった西日本の会社への賠償とか、外国人観光客が来なくて被害を受けた観光地とか、こういう方々は泣き寝入り。

何処までを賠償の対象とするかも大モメだろうなぁ



原発反対派、目立った伸長みられず

読売新聞 4月25日(月)4時6分配信
 東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、統一地方選後半戦では原発が立地する自治体で安全対策や是非が争点となったが、原発反対派の目立った伸長はみられなかった。


おおお、以外な結果 柏崎に至っては反対派は議席減で、「もんじゅ」のある敦賀市の市長はなんと5選らしい。

これからも地方は原発と共に生きることを決断したのか。安全性・経済性・環境負荷の低さを主張してきた原発推進派の啓蒙活動の結果か、雇用とか交付金で首根っこ押さえた結果か分からないけど、この結果は凄いな。

外国では今回の事故で反原発・脱原発に傾いた国が多いけど、放射能まみれになってしまった当事者の日本はこれからも原発推進なのかな。

首相はこれからの国のエネルギー政策を見直しを含めて検討、つまり原発を含む従来の延長を再考しようとしているらしい。こういうこと言った首相は自分の知る限り初めてかな。

今まではエネルギー政策はお上からのお達しで決まって、ちゃんとした議論がされてこなかった印象がある。原発なんて左右のイデオロギー論争という本末転倒な有様だったし。

現代社会ではエネルギーは全ての根幹だし、結果ありきではない、感情的でもない、冷静で客観的な議論が必要な時期なんだろうね。結論を急がないで本当のところを関係者の皆さんから聞いてみたいな。



電気使いすぎ?

東京電力管内では節電は続いているけど計画停電もなくなって普通に生活できている。夏場の電力供給も当初見込みより改善されそうな感じ。それでも今年の夏はキツそう・・・

2009年度の東京電力の最大出力は約6400万kW。最近の出力は平日で約4000万kW強くらいかな。これはいつごろの水準なのかをちょっと調べてみた。
qua-pt01.gif
--図1 東電の最大出力--

こうしてみると毎年右肩上がりに増えてるね。今の出力はだいたい1987年度と同じくらいかな。1987年と比べると最大出力は約50%増えてるけど、この間に何があったんだろう?

記憶を辿ると1987年は不便でも貧しくも無かったと思う。まあバブル期だし当然か。

最大出力、電力消費の伸びは
 ・東京電力管内の人口が増えた
 ・人口当たりの電力消費が増えた
に因ると考えられる。人口は増えていると思うけど、人口当たりの電力消費の方が支配的な気がする。

身の回りで考えると冷蔵庫とかテレビは大型化してるけど省エネ仕様になってそうなので
 ・エアコン
 ・パソコン
あたりかな。

昔はエアコンのない家も多かったしエアコンがあっても居間にだけあるって感じだったと思う。今みたいに各部屋に一台じゃなかった。

パソコンを個人で持っている人は殆どいなくて会社でも一人一台必ずあるわけじゃなかったと思う。皆が文書をパソコンで作ったり、連絡がメールになったのは90年代半ば以降じゃないのかな。

あとは建物が高層化したのも影響してそうだね。

エアコン・パソコンなしの生活には戻れないんだろうなぁ。最近だとエアコン付きの教室もあるらしい。子供の頃から家でも学校でもエアコンのある生活をしていると汗腺の数が増えなくて暑さに弱くなりそうだね。たぶん今の子供は昔の子供より暑さに弱い。

rthcjは子供のころ自分の部屋にエアコン無かったし、高校までは学校にエアコン無かったし、大学でも教室には無かった。暑い環境で育ってきたけど、もはやエアコンなしは無理。昔より夏が暑くなっていると思うし、エアコンに体が慣れたし、エアコンなしでは生活できないなぁ。

電車が全部弱冷房車になったり、会社で設定温度が30℃になったりしたら地獄だね



原油500万バレルを無償提供=420億円相当―大震災でクウェート

時事通信 4月18日(月)18時9分配信
 【カイロ時事】クウェートのアハマド石油相は18日、同国で開催されたアジア・エネルギー相会合の冒頭、東日本大震災の犠牲者に哀悼の意を示すとともに、日本との連帯を示すため、500万バレル(420億円相当)の原油を無償提供することを明らかにした。


おおお、太っ腹! さすがお金持ちの国クウェート! って思うのが普通かな。

ちょっとひねくれているrthcj的には有難いけど、ふーんって感じもする。

湾岸戦争のとき(20年前です)、記憶が確かなら日本は何回かに分けて合計140億ドル出した。当時の金で軽く1兆円越え。

信じられないことに何とクウェートがアメリカの新聞広告に出した感謝する国一覧に日本が抜けていた。頭の悪そうなロイヤルファミリーっぽい外交官が必死に弁解してた。

世界一お人良しの日本人は金を出しても外国からは感謝されない、人も出さなきゃだめだってことになってその後の自衛隊の海外派遣に至る。


rthcj的には金出す奴は滅茶苦茶偉い。例え偽善でも偉い。実効力があるのはお金です。気持ちだけじゃ救われない。

大金出した当時の日本は神様級に偉い。クウェートは日本に足向けて寝られないくらい感謝していいはずだ。

そんなこんなで恩返しは当然だろ、額も少なくね?なんて思ってしまう。


そうは言っても恩返ししてくれるクウェートは偉いよね。ありがとう。



布袋寅泰の願い「BOOWYの再結成を望む気持ちは皆さんと同じ」

ギタリストで歌手の布袋寅泰が20日、自身の公式ブログで「BOOWYの再結成を望む気持ちは皆さんと同じでした」との思いを明かした。氷室京介が「全編BOOWY」ライブを発表したことを受け、布袋もまた同日のツイッターで「今日は一日中同じ質問やリクエストを浴びるのでしょう。僕の気持ちを察してもらえないのは淋しいことです。Twitter、今日は休憩」と綴ってからその動向が注目されていたが、ついに自ら沈黙をやぶった。
  ~オリコン 4月20日(水)15時37分配信~


うーむ、再結成の可能性は気持ちの上では0ではないのかも。大人の事情もあるし、過去の経緯もあるので簡単じゃないんだろうけど。

個人的には恒久的な再結成はなくもいいと思う。期間限定の再結成で同窓会的に今のBOØWYが見られるといいな。

妥協を許さない方々だし既に決まっている6/11を変更すると混乱があるだろうから、準備をそれなりにして6/11とは別に再結成されるといいな。

会場もドームじゃなくてもっと小さめの箱がいい。ライブハウスは物理的に不可能なので、武道館とか渋谷公会堂あたりで。夏なら有明コロシアムとか。80sの空気が感じられるところがいいかな~

以上、勝手な希望でした。



氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催 復興支援で23年ぶり楽曲披露

ロック歌手・氷室京介が東日本大震災の被災者支援のため、全曲BOOWYの楽曲で構成するチャリティーライブを東京ドームで行うことが17日、わかった。1988年のバンド解散以降、全てBOOWYの楽曲でライブを行うのは今回が初めて。23年間歌うことのなかった楽曲も披露する予定となっており、収益の全額を復興義援金として寄付する。
  ~オリコン 4月18日(月)5時0分配信~


おおお、全曲BOØWYなんですか? ちょっとびっくり 他のメンバーも参加してこの日限りのBOØWYにならないのかな? それは難しいか。

コピー野郎は数知れず、アラフォー世代バンド小僧憧れのバンド。

東京ドームができたのが1988年。BOØWY最後のライブは1988年春の東京ドームだった。この年の巨人の開幕投手は桑田、145km/h前後の速球をバンバン投げてたけど確か負け投手だったかな。

日本が元気いっぱいだった頃だね、懐かしい。

BOØWY時代の荒削りな曲をどう歌うんだろう? これは行ってみたいな~



線が見える

まだまだ余震が多い 会社で地震が来るとすぐにyahooの地震のページを見るのが習慣になってしまった。これでも少しは収まってきたのかな。

最近の福島あたりが震源の地震の震度分布ってこんな感じ。
qlv01.png
--図1 震央× 震度    4 --

これ見て何か気が付くことないですか? rthcj的には千葉から群馬にかけての線に平行に震度が小さくなっている気がする。
qlv02.png
--図2 震央× 震度    4 --

これはきっと地層的な境界が千葉から群馬にかけてあるに違いないと思ったら、柏崎千葉構造線という境界がこの辺にあるらしい。

柏崎千葉構造線はフォッサマグナの東の縁で、この線より西側がフォッサマグナみたい。ちなみにフォッサマグナの西の縁は有名な糸魚川静岡構造線。

そこで震度分布に柏崎千葉構造線を重ねてみた。
震度
--図3 震央× 震度    4 5弱 5強 6 --

どうも柏崎千葉構造線と平行に同じ震度が分布していそうだね。地質的な境界と観測される振幅の分布には関係があると思われるし、地質的な境界を越えると振幅が小さくなると考えるのは自然な感じがするなぁ。

地学に詳しい人にとっては当たり前のことかもしれないけど、個人的にはちょっとした気付きでした。



「地震の予知は不可能」…東大教授が寄稿

「地震の長期予測や予知は不可能で、東海地震の予知研究はやめるべきだ」などとする、ロバート・ゲラー東京大教授(地震学)の論文が14日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
    ~読売新聞 4月14日(木)11時36分配信~


ううっ、厳しいね ちょっと前のブログにも書いたけけど気象庁は東海地震は予知できるかもしれないし予知できないかもしれない、どのくらいの確率で予知できるか分からないと言っている。だから予知はできないと考えるのが自然かも。

学生の頃、アメリカの地震学者が東海地震は予知できないと言っているのを聞いて驚いたことを思い出した。子供の頃から東海地震は予知できると思ってきたからちょっとショックだった。外国では予知できない派が大多数なのかもね。

東海地震の発生を世間が懸念し始めたり、大規模地震対策特別措置法が施行されたのは1970年代。現在よりも科学信仰が強かった時代かな。「科学はどんどん進歩するからそのうち予知できるようになるべ」って感じのノリだったのかもね。

大金かけて観測網を整備したり偉い学者さん達が研究を続けてきたけど、どうも予知は昔考えた程簡単なことじゃないということが分かってきたのかな?

いまさら東海地震は予知できませんとは言いたくても言えないのかもね。既得権を失ったり、失業する人も出そうだし。

運良く前兆すべりが観測されるのを祈るしかないのかな? 観測されても予知にはつながらないのかな? 困ったもんだね



原発はお荷物?

震災の影響で株価が冴えない。全体的に冴えないときでもあまり下げない銘柄をディフェンシブ銘柄とか言う。よく言われるのが製薬とかエネルギーとか。電力株はディフェンシブの代表格って感じだけど今回は違う。

qua-p01.gif
--図1--

図1は震災前の3/10の終値を1としたときの電力各銘柄の終値の推移。被災した東京電力と東北電力が日経平均を下回っているのは分かるけど、直近の終値だと何とJ-POWER以外全部の銘柄で日経平均を下回っている。

超堅そうな電力株が何でやねん? 考えられるのは東電の原発事故。そこで原発の影響がありそうかどうか考えてみた。

原発比率の高ければ株価も下がっていそう。各社の原発の比率を見てみよう。値はJ-POWERが2005年度でそれ以外は2009年度のデータを使った。

まず最大出力に対する原発の割合。
qua-p02.gif
--図2 出力--

東京電力・東北電力を除いて関西電力、九州電力、北海道電力が高めで、中部電力と中国電力が低めになってる。沖縄電力とJ-POWERは原発なし。

次に発電量に対する原発の割合。
qua-p03.gif
--図3 発電量--

東京電力・東北電力を除いて関西電力、四国電力、九州電力が高めで中部電力と中国電力が低めになってる。各社とも原発では出力の割合以上に発電している。原発は稼働率が高い。

ここで2011/4/1時点での3/10と比べた各社の株価は以下の通り。
東京中部関西中国北陸東北
0.2090.8310.8320.8720.8710.712
四国九州北海道沖縄J-POWER日経平均
0.8730.8370.8730.8960.9530.930
--表1--

被災した東京電力・東北電力を除いて表1に示した株価と原発の割合との相関をみてみる。
株価出力比発電量比
株価1-0.680-0.612
出力比-0.68010.892
発電量比-0.6120.8921
--表2--

原発の割合と株価は出力比で-0.680、発電量比で-0.612なので負の相関があると言えそうな気がする。

ここでもうちょっと考えてみる。中部電力は原発の比率が低いにも関わらず、原発の比率が高い関西電力とほぼ同じだけ株価が落ちている。

中部電力の浜岡原発はどういうわけか東海地震の予想震源域にある。これってかなり危険そう。ということでマーケットは原発比率が低くても中部電力は原発リスクが高いとみなしていそう。

よって比率と株価の単純な相関を考えるときには不適切と思われるので中部電力を外して計算してみると表3のようになる。
株価出力比発電量比
株価1-0.822-0.820
出力比-0.82210.893
発電量比-0.8200.8931
--表3--

原発の割合と株価は出力比で-0.822、発電量比で-0.820なので強い負の相関がある。現時点では原発はお荷物とマーケットは見ていると言ってよさそう。

今後はどうなっていくのかな?



Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。