スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たってしまった

ガリガリ君が当たりだった。お店の人に当たりましたっていうの恥ずかしいよなぁ。大人になると言えなくなることが多いね。



スポンサーサイト

アンダルシア 女神の報復

監督:西谷弘
出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治
2011日本

アンドラ公国で起きた邦人の殺人事件の調査に黒田(織田裕二)は向かうが・・・


前作の「アマルフィ 女神の報酬」に続く黒田康作第二段。今回はアンドラとスペインが舞台。

相変わらず超クールな織田裕二。ありえない能力を持ったクールなキャラクターを邦画で演じるのはキツイかも。伊藤英明の方がかっこいいと思ってしまった。実物見ても伊藤英明の方がかっこいいかも(織田裕二ファンの方、ごめんなさい)。

見せ場のひとつの銃撃戦は結構よかったし、ロケ地も美しいし、そんなに悪くないかも。

本編と関係ないけど外務省は出張の時あんな高そうなホテルに泊まるのか!? なめとるべ と映画に要らん突込みをしてしまった



よく壊れた

最近はあまりドライブにも行かなくなって車のトラブルといえばバッテリー上がりくらいかな。故障しないのは品質がいいのか単にあまり乗らないからなのかわからない。

昔乗っていた車はよく故障した。半年毎に点検に出していたけどこんな感じで調子が悪くなった。

 ・パワーウィンドウが頻繁に動かなくなる
 ・オルタネーター(発電機)死亡
 ・プラグかコードが切れてシリンダーがひとつ動かない
 ・雨漏り
 ・ヘッドライト死亡
 ・エアコン死亡

走行中にタイミングベルトが切れて帰れなくなったこともあった。今考えるとひどい品質だなぁ。ちなみにこれでも日本車。ハズレを引いちゃったのかな。

今乗ってるのは同じくらいの値段の車だけど故障知らず。やっぱり壊れないっていいね。



ダル「また一から」11安打6失点で8敗目

日刊スポーツ 8月7日(火)13時11分配信
<レッドソックス9-2レンジャーズ>◇6日(日本時間7日)◇フェンウェイパーク

 レンジャーズ・ダルビッシュ有投手(25)が今季ワーストの11安打を浴びて、6失点で8敗目(11勝)を喫した。


うーむ、日本じゃ無敵だったダルビッシュが防御率4.57。メジャー恐るべし。

松坂といいダルビッシュといい日本で無敵でもアメリカ行くと普通のピッチャーになっちゃうのかな。メジャーでも驚異的な防御率で活躍するかもと思ったけど何が違うんだろう?

日本人相手には剛速球でもメジャーだと打ちごろなのかな。そう考えると速球で押すタイプより変化球でかわすタイプのピッチャーの方が通用するかも。昔オリックスにいた星野みたいなのとか中継ぎエースタイプがアメリカ行くと面白いかもね



きつくなってきた

中学までは理容室だったけど高校から美容室に行くようになった。それ以来ずっと美容室だけど男性客で自分より年上っぽい人をあまり見なくなってきた。男性客最高齢の部類になったかも

髪が薄くなると男性客は来なくなるらしいけど年齢的に来なくなる人も結構いるんじゃないのかな。

スタッフは多分全員年下だし出される雑誌は若者向け過ぎだし段々きつくなってきた感じがする。いつまで美容室にいけるんだろう

あと数年で再デビューかな。



コクリコ坂から

監督:宮崎吾朗
出演:長澤まさみ、岡田准一
2011日本

1963年の横浜。下宿屋を切り盛りする高校生の海(長澤まさみ)が掲げる信号旗をタグボートで通学する俊(岡田准一)は毎日見ていた・・・


ジブリには珍しい非ファンタジーの恋愛もの。こういうのって「海がきこえる」以来になるのかな。

主役の二人がいい子過ぎるけど時代設定を1963年にすることでその辺の違和感をなくしているのかも。大きな事件がなく淡々と物語が進んていく。こういうのいいね。

ジブリらしい大胆な演出を期待する人には物足りないかもしれないけど個人的には最近のジブリの中で一番よかったかな。

よく知っている横浜の景色があまり出てこないので横浜というよりどこかの地方都市って感じがした。昔の横浜はあんな感じだったのかな。



Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。