スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして父になる

監督:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー
2013日本

野々宮良多(福山雅治)と妻みどり(尾野真千子)の6歳になる一人息子の慶多(二宮慶多)は斎木家(リリー・フランキー、真木よう子)の琉晴(黄升炫)と出産時に取り違えられたことが分かり・・・


個人的大ヒット。これは面白い。一流企業のエリートである福山と地方の冴えない電気屋のリリー・フランキーの対比が両家の妻役が同じような感じの女優である尾野真千子と真木よう子を使うことでいっそう引き立っている。地に足着いている出演者の中で一人福山が浮いている感じも

自己中で自分の物差しでしか物事を見られない良多。息子の慶多が自分のように優秀でないことに苛立って本当の子供でないと分かったときの納得感とか、両家で息子を交換していくことに前向きであるところとか、琉晴に対しても慶多と同じように自分の価値観を押し付けるとか、かなり痛い。琉晴に初めて会ったときなんて面接官みたいに観察しているし。

この映画の世界では亭主元気で留守がいいという理屈は通用しない。時間をかけて努力していかないと親になれないっていうのは耳の痛い人も多いんじゃないかな。

少し成長した良多が次の一歩を踏み出すところで終わるエンディングもいいね。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。