スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方の仕事

地方に帰りたいとか地方に移住したい人は多いのかもしれないけど、そこでの最大の問題は仕事かもしれない。

高校の同級生をみると、地元に残っているのは公務員、家業を継いでいる、地銀等の金融、あたりが大半。これ以外の仕事があまりない。なかでも一番多いのが公務員。この傾向は田舎ほど強いかもしれないと思ってちょっと調べてみた。

とりあえず田舎の代表として青森県(関係者の人ごめんなさい)、田舎でない代表として愛知県で比べてみる。 H17年の県民経済計算をもとに計算した結果が下の表。

雇用者数 (%)雇用者報酬 (%)一人当たりの雇用者報酬  (万円)
青森12.287.823.276.8731.1336.6
愛知5.294.88.991.1865.5486.2

おおお、やっぱり青森は公務員が多い 給料の合計に占める公務員の取り分の割合も愛知の8.9%に対して青森は23.2%もある。ついでに官民格差(公務員の給料を1としたときの民間の給料)も愛知の0.56に対して青森は0.46。相対的に青森は公務員がよりお金持ちだ~。

サンプルが2なので一般化はできないけど、田舎ほど公務員以外の仕事が少ないと思う

「地方に仕事がない」→「東京に人が集まる」という傾向はこれからも続きそう。感覚的だけど同級生の1/3は東京かその近辺に住んでいるし、自分もその一人だし、地方は人が減る一方だなぁ



スポンサーサイト

コメント

 
こんばんは。

確かに地方ほど、仕事の種類が少ないようですね。そして地方でも、大都市よりは中小都市ほど少なくなります。(>_<)
(私も就活中は情報誌を見て思い知りました。)

でも、この不況時、田舎へ帰る方も多いかも知れませんね。
うさねこ369さん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

地方でも県庁所在地等の都市部とそれ以外ではかなり違いますよね。
うちの田舎は勿論それ以外です・・・

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネアンデルタール

「ネアンデルタール人」も、我々の祖先かもしれない これまで、旧人「ネアンデルタール人」は、新人「ホモ・サピエンス」(我々)とは異なる人類で、我々の祖先ではないとする考えが主流でしたが、両者が交雑した可能性を示す研究結果が発表されました。 ...(続きを読む) ...

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。