FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が払う?

新しい内閣ができて今後の税のあり方の議論も始まりそうだね。民主党は財務省寄り、財政再建派が多い印象かな。

働いて給料貰うと税金が引かれているよね。どんな感じがちょっと調べてみた。

国税庁の平成21年度の民間給与実態統計調査によると日本の民間の従業員(パート、アルバイト含む)・役員の所得分布と給与総額に占める割合、税額に占める割合はこんな感じ。
incomefig01.gif
--図1--

一番のボリュームゾーンは300万~400万のところ。400万以上では階層毎に段々減る傾向にある。年収800万以上の人は8.0%、1000万以上の人は3.9%。ちなみに男性だけみると800万以上が12.1%、1000万以上が5.9%。

まあ体感的な数値に近いかな。

税額は個人的にはちょっとというか、かなり以外な数値。

800万以上の人は総額の23.2%の給与を受け取って、税の60.6%を負担している。1000万以上の人は総額の14.2%の給与を受け取って、税の48.4%を負担している。

なんと8.0%の人が税の60.6%を、3.9%の人が税の48.4%を負担している

800万を越えると給与総額に占める割合を税額の割合が越えるから、このあたりから不公平感を感じる人が出てくるのかな。

直接税と間接税の比率の見直しはずっと以前から話題になっているけどはっきりしないまま今日まできている気がする。少子高齢化で現役世代も減るし税の公平性という観点からも所得税率や消費税率の見直しが必要だろうね。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。