スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてコンピュータを使ったのはいつ?

コンピュータが爆発的に普及したのはWindows95が発売され、インターネットの環境が整備されていった90年代の半ば以降だと思う。

これ以降にコンピュータを初めて使うようになった人はメールとかネットの閲覧とかワープロでの文書作成あたりが最初の主な用途だったんじゃないかな。

rthcjが初めてコンピュータに触れたのはパソコンが普及する以前の高校のとき。パソコンを持っている人はクラスに一人いるかいないかくらいの普及率で、使ったことある人は殆どいなかった。

用途はネットでもゲームでもなくて数学の体験学習だった。つまり文字通り電子計算機としての用途。

当時は学校に計算機室なんかがあるはずもなく、手書きでノートにプログラムを書いておいて、最後にコンピュータのある施設まで行って実際にプログラムを入力するという今からすると信じられないプアな環境。

いまのパソコンみたいにアイコンをクリックして使うという分かりやすいインターフェースじゃなくて、ファイルをコピーするのも削除するのもソフトを起動するのも全部コマンドを打ち込むやつ。GUIじゃなくてCUI。これがまた分かりにくい。そもそもファイルという概念がよく分かっていなかった。言葉で説明されても「何それ?」って感じ。

それで課題は連立一次方程式を解くプログラムを作ること。所謂ガウスの消去法というやつだけど、意義とかをちゃんと理解できたのは大学のときで、このときは手で計算すればすぐに答えがでるのに何でわざわざコンピュータに解かせるのか意味不明だった。

数回の授業で「コンピュータとは?」からBASICの文法とかガウスの消去法とかをコンピュータに全く触ったことない高校生に教えるんだから無理がある。

あっという間に挫折してしまった

ところが自分と同じくコンピュータを触ったことない生徒ばかりなのにガウスの消去法だけじゃなく正多面体を描画するプログラムまで作ってしまった連中がいた。まったく信じられない


このときの体験がもとでMacに出会うまでコンピュータがずっと嫌いだったよぉ



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。