スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

監督:佐藤祐市
出演:小池徹平、マイコ、品川祐、田辺誠一
2009日本

高校中退で10年近くニートだった真男(小池徹平)は母親の死をきっかけに就職するが・・・


電車男と同様に2ちゃんねるのスレッドが元ネタの映画。過酷なIT業界で働く若者を描いている。

映画の中で説明されるブラック会社の特徴は
 ・就業規則があるにも関わらず残業が当たり前
 ・何日も徹夜が続くことがある
 ・社内に情緒不安定な社員がいる
 ・必要経費が一切認められない
 ・同僚のスキルが異常なほど低い
 ・従業員の出入りが激しい
とのこと。

IT業界は受注した所謂ITゼネコンから下請け、孫請け、・・・と言う感じに仕事が投げれられていく。こういう構造の業界は何処でも下に行く程労働条件が悪くなる。価格以外で差別化できない業界はどこも同じかな。

映画は派手に演出しているけど、こういうブラックな職場って結構多いんだろうね。定時なんて都市伝説だ!とか、新人が逃げ出すかどうか賭けているとか、不謹慎だけど笑ってしまった。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。