FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜田門外ノ変

監督:佐藤純彌
出演:大沢たかお、長谷川京子、伊武雅刀、北大路欣也
2010日本

1860年、関鉄之介(大沢たかお)らは江戸城桜田門外にて大老・井伊直弼(伊武雅刀)を襲撃するが・・・


幕末最大のテロ事件である桜田門外の変の映画化。「幕末+大沢たかお」だとJINを思い出してしまう・・・、なので大沢たかおが強そうに見えない

結局、尊皇攘夷派がその後の主流となっていくので守旧派の井伊直弼は悪者っぽく描かれることが多い印象がある。勝てば官軍、結果オーライが歴史の常なので、まあどっちもどっちという感じだけど、この映画の印象だと井伊直弼が一番まともなこと言ってる気がする。尊皇攘夷派はまだまだ現実が見えてない感じ。

襲撃を画策・実行したのは若者ばかりだと思っていたけど、中高年が結構いたのが意外だったな。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。