FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラ・トラ・トラ!

監督:リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二
出演:マーティン・バルサム、ジョゼフ・コットン、三橋達也、山村聰
1970アメリカ、日本

山本五十六(山村聰)は対米戦争に備えて、アメリカ太平洋艦隊の基地があるハワイ・真珠湾の航空機による奇襲攻撃を画策するが・・・


日米の歴史的大転換点である真珠湾攻撃の映画化。CGなしの時代に作られた迫力ある映像は金がかかってる。

戦闘シーンが注目されがちだけど、それがなくても開戦までの様子はドキュメンタリーみたいで面白い。アメリカは事前に攻撃を予想していたり、暗号を解読したりしていたけど結果として不意打ちを食らってしまった。苦い教訓になっているんだろうね。

個人的に一番興味深いのが参謀・黒島(中村俊一)が作戦を練るところ。補給とか云々悩んでいたけど答えが出るシーンがないので、さらに気になってしまった。

rthcj的疑問は艦隊がハワイ北方まで北太平洋を商船とか米軍に見つからずにどうやってたどり着いたかということ。

対日禁輸とかしていたとはいえ、全く船がいないということはないだろうし。一か八かの賭けだったのかも。

もうひとつ気になったのがGPSのような航法システムがない時代の飛行機の飛び方。攻撃隊が真珠湾へ向かうのにホノルル放送を聴いて方向を調整していたけど、帰りはもっと神経を使ったかも。洋上で無線を使わず、コンパス・時計・速度計を頼りに空母まで帰らなくてはならない。絵になるシーンじゃないから帰りの演出はないけど、こういう地味なのがあると深みが増したかも。


エンディングはアメリカを本気で怒らせてしまったことに対する山本の苦悩。これって日本人的な視点かな。アメリカの一方的な負けのまま映画が終わってしまうのでアメリカ人観客は拍子抜けしたんじゃないかな。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 日記帳 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。